ニュース
» 2019年02月13日 08時00分 公開

さらにAzure Data Factoryの新たな機能も発表:「Azure Data Lake Storage Gen2」と「Azure Data Explorer」を正式リリース――Microsoft

Microsoftは、「Azure Data Lake Storage Gen2」および「Azure Data Explorer」の正式リリースと、「Azure Data Factory Mapping Data Flow」のプレビュー版を発表し、Azureのデータサービスを拡充した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2019年2月7日(米国時間)、「Azure Data Lake Storage Gen2(ADLS)」および「Azure Data Explorer(ADX)」の正式リリースと、「Azure Data Factory Mapping Data Flow」のプレビュー版を発表した。

 ADLSはビッグデータ分析用のデータレイク。ADXは高速データ探索サービス。Azure Data Factory Mapping Data Flowは、クラウドベースのデータ統合サービス「Azure Data Factory(ADF)」におけるデータ変換プロセスを視覚的に設計、構築、管理できる機能だ。それぞれの概要は以下の通り。

Azure Data Lake Storage Gen2

 ADLSは、優れたスケーラビリティや、費用対効果、セキュリティモデル、「Azure Blob Storage」の豊富な機能、アナリティクス用に構築され「Hadoop Distributed File System(HDFS)」と互換性がある高パフォーマンスのファイルシステムといった特徴を備えている。

 ADLSでは、Apacheエコシステムとの互換性の確保に重点が置かれており、Microsoftは「Azure Blob File System(ABFS)」ドライバを開発することでこれを実現した。ABFSドライバは「Apache Hadoop」「Apache Spark」に正式に含まれており、多くの商用ディストリビューションに組み込まれている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。