ニュース
» 2019年02月14日 11時00分 公開

非言語情報も分かる:顔データを含んだコミュニケーション解析に役立つ、コーパスをNEDOと東京電機大が公開

NEDOと東京電機大学は、グループコミュニケーション時の人の表情などの映像や音声、各種センサーによる体の動きなどの情報を基にコーパスを作成した。機械学習を用いた行動認識システムの学習データや、会話分析などに活用できる。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と東京電機大学は2019年2月7日、グループコミュニケーション時の人の表情などの映像や音声、各種センサーによる体の動きなどの情報を基に作成したコーパス(データベース)を、大学や企業の研究機関に向けて提供開始した。

 このコーパスは、機械学習を用いた行動認識システムの学習データとして活用できる。発言やジェスチャー、視線などの行動に対してラベルを付けてあり、会話分析などにも利用できる。

公開したコーパスの一例(出典:NEDO

センサー情報から何を引き出せるのか

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。