ニュース
» 2019年02月15日 15時30分 公開

高品質アニメ、リモートデバイス選択、画像トリミングに対応:Microsoft、「Windows Community Toolkit v5.1」を公開

Microsoftは、オープンソースのUWPアプリ開発ツールキットの最新版「Windows Community Toolkit v5.1」を公開した。画像処理関連の拡張などを施した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2019年2月13日(米国時間)、オープンソースのUWP(Universal Windows Platform)アプリケーション開発ツールキットの最新版「Windows Community Toolkit version 5.1」(以下、v5.1)を公開した。

 Windows Community Toolkitはヘルパー関数やカスタムコントロール、アプリサービスなどを含み、Windows 10用UWPアプリの開発を支援するもの。

 v5.1の主な機能強化点は、「Lottie-Windows」ライブラリの搭載による高品質アニメーションのサポート、リモートデバイスを選択するためのコントロール、画像をトリミングするためのコントロールなどだ。これらの強化点の概要は次の通り。

Lottie-Windowsによるアニメーション

 新しいライブラリであるLottie-Windowsは、Windows.UI.Composition APIを利用することで、Windows 10(Version 1809)で高品質アニメーションをサポートする。このライブラリにより、「Bodymovin」を使って生成されたJSONファイルや、Windowsアプリでの再生に最適化されたコード生成クラスを利用することが可能になる。Lottie-Windowsは、コミュニティープロジェクト「LottieUWP」の後継だ。

Lottie Viewerアプリ クリックで再生(出典:Microsoft

 新しい「Lottie Viewer」アプリをMicrosoftストアからインストールすると、アニメーションをテストしたり、Windowsアプリに最適化されたコードを生成したりできる。

リモートデバイスを選択するためのコントロール

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。