ニュース
» 2019年02月18日 11時00分 公開

測定値に従って別の装置と連携可能:気温や人の接近が分かり、他機器の電源をリモート制御可能――IoTセンサー2種をプラネックスが発売

プラネックスコミュニケーションズは、気温や湿度、気圧を計測する「どこでも環境センサー」と、赤外線によって人や動物の接近を検知する「どこでも人感センサー」を発売した。同社のIoT機器「スマソケ」やネットワークカメラ「スマカメ」と連動できる。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 プラネックスコミュニケーションズは2019年2月15日、2種類の「どこでもセンサー」を発売すると発表した。気温や湿度、気圧を計測する「どこでも環境センサー WS-USB01-THP」と、赤外線によって人や動物の接近を検知する「どこでも人感センサー WS-USB02-PIR」の2製品。

 遠隔地に住む親の見守りや、無人施設の防犯、環境調査、行動調査などに利用できるという。

どこでも環境センサー(左)とどこでも人感センサー(出典:プラネックスコミュニケーションズ

 どちらもUSB給電で稼働し、2.4GHz帯の無線LAN(IEEE802.11n/g/b)を利用して、計測したデータをクラウドサーバにアップロードする。

異常値をメールで通知可能

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。