ニュース
» 2019年02月19日 12時00分 公開

1%程度と低い誤認率を実現:偽のデートプロフィールを検知するAIアルゴリズムを開発、英大学など

英国の大学を中心とした共同プロジェクトが、オンラインデートサービスの「ロマンス詐欺」に使われる偽プロフィールを検知するAIアルゴリズムを開発した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 英国のブリストル大学とユニバーシティカレッジロンドン(UCL)、キングスカレッジロンドン、カーディフ大学などの研究者が共同研究を行い、「ロマンス詐欺」防止用のAIアルゴリズムを開発した。

 AIアルゴリズムは、オンラインデートサービスに提出されたプロフィールのうち、どれが偽物なのかを理解するという。オンライン詐欺対策を目的とした広範なプロジェクトの一環として開発されたものだ。

 プロフィールに含まれる属性情報内の不審な兆候や、画像、自己紹介を自動的にチェックし、個々のプロフィールが偽物である可能性を判定する。

 ロンドン市警の統計によると、英国では2017年に、デートWebサイトやデートアプリのユーザーを狙った詐欺で3000人以上が被害に遭った。被害総額は4100万ポンド(約60億円)に達し、1人当たり平均では1万1500ポンド(約160万円)となった。

2〜3年以内に実用化を目指す

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。