ニュース
» 2019年02月20日 08時00分 公開

日本マイクロソフトと提携して開発:ノードを簡単に用意できる――ブロックチェーンサービス開発向けのインフラ「Ginco Nodes」が提供開始

Gincoは、ブロックチェーンサービスの開発時に必要なノードのホスティングサービス「Ginco Nodes」を提供する。システムの開発コストや維持コストを抑えつつ、BitcoinやEthereum、XRP Ledgerといった複数のブロックチェーンの機能を活用できる。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Gincoは2019年2月19日、ブロックチェーンサービスの開発時に必要なノードのホスティングサービス「Ginco Nodes」を提供すると発表した。まずβ版を、同年3月初旬に提供開始する。

 Ginco Nodesは、Gincoがこれまでウォレット開発で培ってきたノードやAPIを、インフラサービスとして提供するもの。事業者は、Ginco Nodesを利用することで、システムの開発コストや維持コストを抑えつつ、「Bitcoin」「Ethereum」「XRP Ledger」といったさまざまなブロックチェーンの機能を活用できる。また、インフラに高水準の冗長性を確保しており、Ginco Nodesの可用性は99.99%以上だとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。