ニュース
» 2019年02月22日 12時00分 公開

ビジネス部門主導の開発が増加:ウオーターフォールはまだまだ強いが……、ガートナーが企業のアプリ開発手法を調査

ガートナージャパンは国内企業のアプリケーション開発に関する調査結果を発表した。現在はウオーターフォール型を採用する企業が多いものの、アジャイル型へ移行しようとしている企業が増えている。この傾向は従業員数規模が大きな企業で顕著だった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ガートナージャパンは2019年2月21日、国内企業のアプリケーション開発に関する調査結果を発表した。それによると、ウオーターフォール型以外の開発手法を採用する企業が今後増える見込みだ。

 ガートナージャパンは、アプリケーションの開発手法を、(1)ウオーターフォール型、(2)反復型、(3)アジャイル型の3つに分類している。このうち、ウオーターフォール型を採用している企業の割合は43%で、最も多かった。これに対して、アジャイル型は17%、反復型は16%だった。

3種類の開発手法の採用動向(出典:ガートナージャパン

 今後の動向ではウオーターフォール型が減少する傾向がはっきり現れた。採用中の手法を今後縮小予定だとした割合は、ウオーターフォール型が15%で最も多く、アジャイル型は2%、反復型は1%だった。

 現在は採用していないが、今後採用予定だという手法については、ウオーターフォール型が最も少なく2%で、アジャイル型は13%、反復型は9%だった。

企業規模と開発手法に関連あり

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。