ニュース
» 2019年02月22日 12時00分 公開

Microsoftが手法を紹介:「Azure IoT Edge」ソリューション用のCI/CDパイプラインを作成する、Azure Pipelinesを利用

Microsoftは、さまざまなプラットフォームでAzure IoT Edgeモジュールをビルドしてプッシュし、一連のAzure IoT Edgeデバイスに継続的に提供する簡単な方法を紹介した。「Azure Pipelines」内の「Azure IoT Edge」タスクを使用する。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2019年2月20日(米国時間)、「Azure Pipelines」内の「Azure IoT Edge」タスクを使用して、さまざまなプラットフォームでAzure IoT Edgeモジュールをビルドしてプッシュし、一連のAzure IoT Edgeデバイスに継続的に提供する簡便な方法を、Azure DevOps Blogsで紹介した。

 Azure IoT Edgeは、人工知能(AI)やMicrosoftの各種「Azure」サービス、サードパーティーサービス、カスタムコードといったクラウドインテリジェンスをIoTデバイス側のローカルで実現するフルマネージドサービスだ。クロスプラットフォームのIoTデバイス上にこれらのサービスなどを直接デプロイして実行することにより動作する。

Azure IoT Edgeデバイスとクラウドの関係(出典:Microsoft

 Azure IoT Edgeソリューションには1つ以上のモジュールが含まれており、DockerコンテナとしてAzure IoT Edgeデバイスで実行される。同ソリューションをターゲットEdgeデバイスに適用するには、「Azure IoT Hub」でデプロイ元を作成する必要がある。

Azure IoT EdgeタスクがCI/CDを助ける

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。