ニュース
» 2019年02月25日 08時00分 公開

約802万件の日本人の漏えいアカウントを新たに発見:約27億レコードの巨大漏えいファイル「Collection#1」、解析で分かった日本の被害状況とは

ソリトンシステムズは、「Collection#1」から日本人のものと思われる漏えいアカウントを新たに約802万件発見した。情報漏えい被害に遭った日本のサイトは42サイトで、そのうち6サイトを今回新たに発見したという。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 ソリトンシステムズは2019年2月21日、企業や官公庁、自治体、各種団体の「漏えいアカウント被害調査」サービスを提供するために同社が実施していたサイバー空間の調査で、「Collection#1」と呼ばれる巨大な漏えいデータ群から、これまで漏えいが確認されていなかった日本人のアカウントを新たに発見したと発表した。

 Collection#1は、2018年末ころにダークWeb上に出現した漏えいアカウント情報のデータベース名。2019年1月7日ころに、あるハッカーフォーラムにその存在が投稿された。ファイル形式が多様な1万2400以上のファイルから成り、26億9281万8238レコードの漏えいしたメールアドレスとパスワードのセットが格納されている。データ容量は87GB。

 ソリトンシステムズによると、Collection#1には末尾が「.jp」のメールアドレスやファイル名が多く含まれており、同社はこれを分析することで日本人や日本の組織の被害を特定したとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。