ニュース
» 2019年02月25日 13時15分 公開

利用企業の裾野拡大を目指して:「Cloud Speech-to-Text」と「Cloud Text-to-Speech」の機能強化と値下げを発表――Google

Googleは、「Cloud Speech-to-Text」と「Cloud Text-to-Speech」を企業にとってより利用しやすくするため、機能の拡充、利用可能な音声の種類の追加、サポートする言語と国の追加、料金の値下げを行った。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Googleは2019年2月22日(米国時間)、機械学習(ML)によって音声をテキストに変換する「Cloud Speech-to-Text」と、MLによってテキストを音声に変換する「Cloud Text-to-Speech」の両クラウドサービスを企業にとってより利用しやすくするため、機能の拡充、利用可能な音声の種類の追加(ほぼ倍増)、サポートする言語と国の追加(50%増加)、料金の値下げ(最大50%)を行ったと発表した。

Cloud Speech-to-Textの機能拡充と値下げ

 Googleは、Cloud Speech-to-Textが音声テキスト変換を行う際に使用する機械学習モデルとして、「拡張モデル」(enhanced phoneモデル)や「動画モデル」(videoモデル)を利用できる「プレミアムモデル」と、マルチチャンネル認識機能の正式提供を開始した。

 正式提供開始に伴い、これらの機能は「Google Cloud Platform」のSLA(サービスレベル契約)など、エンタープライズレベルの保証の適用対象となった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。