ニュース
» 2019年02月27日 12時00分 公開

アプリケーションのアジリティ向上にまつわる5つの予測を公開:高齢化や人材不足が企業アプリケーションの俊敏性向上を阻害、ガートナーが提言

ガートナージャパンは、今後3〜5年で企業の顧客戦略に大きな影響をもたらす動向に注目し、エンタープライズアプリケーションについて2019年の展望を発表した。日本企業が外部環境に素早く対応できない要因として「人材不足」や「技術者の高齢化」などを挙げる。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 ガートナージャパンは2019年2月26日、日本のエンタープライズアプリケーションについて2019年の展望を発表した。特に俊敏性(アジリティ)の向上に焦点を当て、今後3〜5年で企業の顧客戦略に大きな影響をもたらす動向に注目した。

 ガートナージャパンは、デジタル化が進展するにつれて、アプリケーションには不確実で変化しやすい外部環境に素早く対応し、ビジネス価値を提供することが求められるとしている。ところが、既存アプリケーションのレガシー化やサイロ化、さらに人材不足や技術者の高齢化といった状況が、日本企業にとって外部環境に素早く対応することへの阻害要因になっているという。

 こうした状況に置かれる日本企業が、アプリケーションのアジリティ向上に向けた行動を取る上で知っておくべき予測として、ガートナージャパンは以下の5つの項目を挙げた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。