ニュース
» 2019年02月27日 11時00分 公開

Azure Functionsでの開発がより便利に:Microsoft、「Azure Functions」の「TypeScript」サポート強化と「Java」正式サポートを発表

Microsoftは、サーバレスコンピューティングサービス「Azure Functions」で「TypeScript」のサポートを強化し、「Java」を正式にサポートした。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2019年2月25日(米国時間)、オンデマンドでコードを実行できるサーバレスコンピューティングサービス「Azure Functions」での「TypeScript」サポートの強化と「Java」の正式サポートを発表した。

 発表の概要は以下の通り。

TypeScriptサポートの強化

 TypeScriptは、JavaScriptのスーパーセットであり、静的型付け、クラス、インタフェースが使用できる。また、ECMAScript 2015と互換性があるため、モダンなJavaScript構文も間接的に利用できる。

 Azure FunctionsではNode.jsを実行でき、TypeScriptはJavaScriptにコンパイルできるため、これまでもTypeScriptコードをAzure Functionsで実行することはできたが、そのためには一手間が必要で、面倒だった。

 Microsoftは「Azure Functions Core Tools」と「Visual Studio Code用Azure Functions拡張機能」に一連の変更を加え、Azure Functionsで実行するイベントドリブンアプリケーションをTypeScriptで簡単に作成できるようにした。主な変更点は、TypeScript用テンプレート、型定義、npmスクリプトだ。

TypeScript用テンプレート

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。