ニュース
» 2019年02月28日 08時00分 公開

約23万回線のホームネットワークから明らかに:日本の家庭では多くのスマート機器が脆弱なまま放置、Avastが調査

Avastの調査によると、日本の家庭にあるスマート機器は、認証に関して世界で最も脆弱な状態にあった。また、全世界にある約1100万台のルーターの内、57%に脆弱な認証情報またはソフトウェアの脆弱性が見つかった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Avast Software Japanは2019年2月26日、家庭で稼働するスマート機器の脆弱(ぜいじゃく)性に関するレポートを発表した。これは、同社のセキュリティ対策ソフトが備える機能の1つ「Wi-Fi Inspector」のデータを分析したもの。ユーザーが同機能を実行したときに得られたデータを利用した。

 今回のAvastの調査によると、日本の約23万回線のホームネットワークをスキャンした結果、家庭で多くの脆弱なスマート機器が稼働していることが分かった。5台以上のスマート機器を所有している日本の家庭は38%で、そのうち脆弱なネットワーク機器が1台以上存在する家庭は29%だった。

 また、日本の家庭にあるスマート機器は、認証に関して世界で最も脆弱な状態であることも分かった。家庭にあるスマート機器のうち、パスワードなどの認証情報が脆弱だったり、二要素認証を使用していなかったりする割合は、世界平均の69%に対して、日本は世界で最も高い84%だった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。