ニュース
» 2019年02月28日 11時00分 公開

デバッグとアプリ分析を支援する「Dart DevTools」を提供:Google、モバイルアプリ開発向けオープンソースSDKの最新版「Flutter 1.2」を公開

Googleは、iOSおよびAndroidアプリ開発のためのオープンソースSDKの最新版「Flutter 1.2」を公開した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Googleは2019年2月26日(米国時間)、スペインのバルセロナで開催中の「MWC Barcelona(旧称:Mobile World Congress)2019」で、iOSおよびAndroidアプリ開発のためのオープンソースSDK(Software Development Kit)の最新版「Flutter 1.2」を公開したと発表した。

 Flutterチームは2018年12月に正式版「Flutter 1.0」をリリースしており、Flutter 1.2は初の機能アップデート。Flutter 1.2は以下に重点を置いて開発された。

  • コアフレームワークの安定性、パフォーマンス、品質を高める
  • 既存ウィジェットの視覚的な完成度と機能性に磨きをかける
  • Flutterアプリケーションを作成する開発者向けの新しいWebベースツールを用意する

 FlutterチームはFlutter 1.0をリリースして以来、テストおよびコードインフラの改良、プルリクエストに対する対応、フレームワークのパフォーマンスと品質の向上を進めた。こうした取り組みには、「Swahili」のような新しいユーザーインタフェース(UI)言語のサポートが含まれるという。

 またFlutterチームは、UIウィジェット「Material」および「Cupertino」の改良、Materialの柔軟な利用方法のサポート、iOSのピクセル通りの忠実度の実現(ピクセルパーフェクト)に引き続き力を入れた。さらに、アニメーションを容易にする広範な機能セットを追加した他、デスクトップアプリケーションの開発をサポートする準備として、新しいキーボードイベントやマウスホバーに対応した。

 他方で、Flutterのプラグインチームはアプリ内購入のサポートに取り組むとともに、ビデオプレーヤー、Webビュー、マップの多数のバグをFlutter 1.2で修正した。また、新しいパッケージングフォーマットである「Android App Bundles」をサポートした。

 さらに、Flutter 1.2には「Dart 2.2 SDK」が含まれている。このアップデートでは、コンパイル済みコードのパフォーマンスが大幅に改善されているという。

Flutter開発者向けの新ツール

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。