ニュース
» 2019年03月04日 08時00分 公開

AIに取り組み始めた企業は33%:企業はAI導入で競争力2.5倍を期待、MicrosoftがAIに関する調査結果を発表

MicrosoftのAIに関する調査によると、企業がAIを採用する理由の多くは競争力の強化や従業員の生産性を向上させるためだ。AIによって、自社の競争力が導入後3年間で2.5倍に向上することを期待していた。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 日本マイクロソフトは2019年3月1日、MicrosoftがIDC Asia/Pacificと共同で実施したAI(人工知能)に関する調査「Future Ready Business:AI によるビジネスの可能性について」の結果を発表した。本調査によると、日本では、AIに取り組み始めた企業は33%程度で、2021年までにAIがイノベーションと従業員の生産性を2倍以上に向上させることを期待していると分かった。

 企業がAIを採用する理由として多く挙げられた回答は「競争力の強化」「イノベーションの加速」「従業員の生産性向上」「顧客エンゲージメントの向上」「利益率の向上」だった。そしてAIを採用した企業は、自社の競争力が、導入時に11〜14%、導入後3年間で2.5倍に向上することを期待していた。

AI 活用によるビジネス改善効果の期待(現在および3年後)(出典:プレスリリース) AI 活用によるビジネス改善効果の期待(現在および3年後)(出典:プレスリリース)

日本の組織が直面するAI導入の課題

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。