ニュース
» 2019年03月05日 08時00分 公開

スタートアップ、提携組織、学術機関、開発者との連携を推進:Microsoft、「Microsoft Quantum Network」を立ち上げ 量子コンピューティング関連の協業を推進

Microsoftは、量子コンピューティング分野で先進的なパートナー企業、大学、顧客、開発者と進めてきた提携の取り組みを、今後は「Microsoft Quantum Network」と銘打って展開していく。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2019年2月28日(米国時間)、量子コンピューティングに関する優れたイノベーターとの知識共有やコラボレーションを目的に、ここ数年進めてきたパートナー企業、大学、顧客、開発者との提携の取り組みを、今後は「Microsoft Quantum Network」と銘打って展開することを第1回スタートアップサミットで発表した。

 Microsoftと個人および組織のグローバルコミュニティーは直接協力し、量子コンピューティングの進化、実用的なアプリケーションの開発、量子コンピューティングの将来を担う人材の育成に取り組む。

 MicrosoftのAzureハードウェアシステムグループでコーポレートバイスプレジデントを務めるトッド・ホームダール氏は「われわれはMicrosoft Quantum Networkを通じて、量子コンピューティングを担う人材の育成や量子エコノミーの発展に必要なパートナーシップの構築に力を注いでいく。この2つは、世界で最も困難な部類に入る問題の解決に不可欠だと、われわれは考えている」と述べた。

Microsoft Quantum Networkのメンバーに語りかけるMicrosoftのAzureハードウェアシステムグループでコーポレートバイスプレジデントを務めるトッド・ホームダール氏 Microsoft Quantum Networkのメンバーに語りかけるMicrosoftのAzureハードウェアシステムグループでコーポレートバイスプレジデントを務めるトッド・ホームダール氏

新たに2社をパートナー企業に

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。