ニュース
» 2019年03月06日 11時00分 公開

2つのAIモデルを利用可能:AI実装時の仮説検証作業を簡略化、「ABEJA Platform Accelerator」(α版)試用提供開始

ABEJAは「ABEJA Platform Accelerator」(α版)の試用提供を開始した。「画像のクラス分類」と「画像の物体検出」という2つのAIモデルを備えており、仮設検証のためのAI開発プロセスが簡略化できる。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ABEJAは2019年3月5日、「ABEJA Platform Accelerator」(α版)の試用提供を開始した。プログラミングの知識を必要とせず、AI(人工知能)の実装に必要な仮説を検証できる。

 一般にAIモデルの開発では、事前に立てた仮説の検証を初期段階で繰り返すことで運用上の課題を見つけ、性能を向上させる。ただこの検証プロセスでは、対象となる大量のデータを収集し、計算リソースを確保した上で、モデルの開発や実験を実施するため、専門知識を備えた人材を確保する必要があることに加え、多大なコストを要するという課題があった。

ABEJA Platform Acceleratorとは

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。