ニュース
» 2019年03月11日 16時00分 公開

Windows Server 2019に対応:Microsoft、「System Center 2019」を2019年3月に正式リリース、機能を大幅強化

Microsoftは2019年3月に、運用管理ツールスイートの最新版「Microsoft System Center 2019」の正式提供を開始する。ハイブリッド管理とモニタリングを実現する。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2019年3月7日(米国時間)、運用管理ツールスイートの最新版「Microsoft System Center 2019」の正式提供を2019年3月に開始すると発表した。

 System Center 2019では、データセンターニーズに合わせて「Windows Server 2019」の大規模な展開と管理を実行できる。Microsoftによると、System Center 2019では次の3つの分野に重点を置いたという。

  • データセンターのモニタリングと管理
  • Windows Serverの最新バージョンのサポートと管理
  • 「Microsoft Azure」とのハイブリッド管理とモニタリングの実現
SCOMのWebコンソールでのAzureリソースのダッシュボード(出典:Microsoft

 System Center 2019は「長期サービスチャネル」(LTSC:Long-Term Servicing Channel)リリースであり、5年間のメインストリームサポートと5年間の延長サポートが提供される。メインストリームサポート期間には、半年ごとに「Update Rollup」リリースによって修正と更新が続く。

 System Center 2019は、「System Center 2016」に加えて、半期チャネル(Semi-Annual Channel)の「System Center,version 1801」「System Center,version 1807」からもアップグレードできる。

 System Center 2019の主要機能の概要は次の通り。

ハイブリッド

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。