ニュース
» 2019年03月12日 11時10分 公開

@ITソフトウェア品質向上セミナー:本番環境のデータを開発やテストに迅速に提供――アクティフィオジャパン

@ITは2018年12月14日、「@IT ソフトウェア品質向上セミナー」を開催した。本稿ではアクティフィオジャパンの講演「環境構築やテストデータ準備の工数減らしませんか?〜Actifioによる開発環境セルフサービス化事例の紹介〜」の模様をお届けする。

[高橋睦美,@IT]
アクティフィオジャパン ソリューションズ・アーキテクト 竹内博史氏

 @ITは2018年12月14日、「@IT ソフトウェア品質向上セミナー」を開催した。本稿ではアクティフィオジャパンの講演「環境構築やテストデータ準備の工数減らしませんか?〜Actifioによる開発環境セルフサービス化事例の紹介〜」の模様をお届けする。

 ITインフラの拡大に伴って悩みの種の一つになるのが「データ」だ。データがどんどん増大するにつれ、それを格納するインフラへの投資がかさみ、初期コストにも、また運用コストにも跳ね返ってくる。「データの中でもバックアップやいろいろなテストに使われる『複製データ』『コピーデータ』に目を付け、これらを一元管理することで手間をなくし、インフラをスリムにしていくところに着目してActifioは設立された」と、アクティフィオジャパン ソリューションズ・アーキテクトの竹内博史氏は述べた。

 「データをさまざまな環境から取得し、管理する部分は従来のバックアップ製品に近いが、そのデータの『活用』に着目しているところがユニークだ」(竹内氏)

 具体的には、本番環境から取ってきたデータを取り込み、仮想コピーを取ってそのまま他のシステムに提供することができ、迅速に開発環境の構築やテストデータを準備するのに特に有効だという。

 「テストのスピードを上げ、自動化を組み込み、しかも特定のベンダーに偏らず広いカバレッジがあるのがActifioの特長だ。クラウド環境もサポートしている」(竹内氏)

 Actifioで取り込んだデータは、仮想コピー技術を用いて提供されるため、物理的に複製して展開する場合と比べて、迅速に提供できる。複数のテストを並行させることも可能で、ストレージ容量の節約につながる。他に、データベースリカバリーやマスキング操作の自動化、セルフサービスによる運用工数の削減といった機能がある。

 既に、Ansibleなどと組み合わせ、開発環境構築の自動化、セルフサービス化に取り組む企業のように、国内での採用事例も増えているという。

Actifioコンセプト、ソリューション概要(出典:アクティフィオジャパン)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。