ニュース
» 2019年03月13日 08時00分 公開

今後も「Java」の需要は高い:IT開発者の75%以上が開発以外にも従事、楽天コミュニケーションズ調べ

楽天コミュニケーションズは、IT開発者を対象とした就業環境調査の結果を発表した。開発以外の業務に携わっている割合は75%を超え、Web APIを活用したことがある割合は半数以上だった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 楽天コミュニケーションズは2019年3月12日、「IT系開発者の就業環境に関する調査」の結果を発表した。同調査では、IT関連システムの開発やプロジェクトへの従事者516人を対象に、就業状況や利用しているツール、プログラム言語などについて調べた。

 まず就業状況については、開発業務に限られず、業務内容が多岐にわたるケースが大半を占めている現状が明らかになった。

 開発以外の業務にも携わっている割合は75.8%で、その中で最も回答数が多かった開発以外の業務は「顧客との折衝・交渉」で61.1%が答えた(複数回答)。他には、「メンバーへの研修、教育、指導」「社内会議の調整・プレゼン」「コスト管理」「請求・支払管理」が多かった。

効率化のためにバージョン管理ツールを役立てる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。