連載
» 2019年03月13日 05時00分 公開

Google Chrome完全ガイド:【Google Chrome】アドレスバーの予測候補や履歴URLを削除/無効化する

Google Chromeのアドレスバーに検索キーワードを入力すると、自動的に表示される「予測候補」。でも全く不要な候補が繰り返し表示されることも。このように邪魔になった候補を削除したり、機能そのものを無効化したりする方法とその注意点を説明します。

[島田広道,デジタルアドバンテージ]
「Google Chrome完全ガイド」のインデックス

連載目次

「予測候補」は便利だけど、邪魔なときも……

 Google Chrome(以下、Chromeと略)を使い込んでいくと、アドレスバーに検索キーワードを入力したときに、それと関連しているURLやGoogle検索などの一覧が表示されるようになります。

Chromeのアドレスバーに表示される「予測候補」(予測変換) Chromeのアドレスバーに表示される「予測候補」(予測変換)

 これは「予測候補」(予測変換)と呼ばれる機能で、過去に開いたことがあるWebページ(閲覧履歴)や検索履歴、そして入力キーワードからChromeが自動的に判断・推定してアドレスバーの下に表示してくれるものです。

 少ない入力文字でも簡単に目的のWebページにたどりつける便利な場面がある一方で、全く不要な候補が繰り返し表示されたり、他人に見られると都合の悪い候補がリストアップされたりすることがあります。

 そこで本稿ではWindows OS版Chromeを対象として、この予測候補を削除あるいは無効化する方法を紹介します。

特定の予測候補を削除するには

 特定の予測候補を削除して、以後表示されないようにするには、まず該当する検索キーワードを入力して、予測候補の一覧を表示させます。その中で削除したい項目を見つけたら、カーソルキーの[][]を押して、その項目を選択します。後は[Shift]+[Delete]キーを押すと、削除完了です。

Chromeのアドレスバーで特定の予測候補を削除する(1/2) Chromeのアドレスバーで特定の予測候補を削除する(1/2)
Chromeのアドレスバーで特定の予測候補を削除する(2/2) Chromeのアドレスバーで特定の予測候補を削除する(2/2)

 ただ、上記の手順では削除できない候補が残ることがあります。その場合は、該当する閲覧履歴を削除する必要があります。その手順は後述します。

予測候補を無効化するには

 Chromeの設定を変更すると予測候補を無効化できます。それには最初に、以下の手順でChrome設定画面の[プライバシーとセキュリティ]−[予測サービスを使用してアドレスバーに入力した検索とURLを補完する]をオフにします。

Chromeで予測候補を無効化する(1/3) Chromeで予測候補を無効化する(1/3)
Chromeで予測候補を無効化する(2/3) Chromeで予測候補を無効化する(2/3)
Chromeで予測候補を無効化する(3/3) Chromeで予測候補を無効化する(3/3)

 次に閲覧履歴を消去します。たとえ予測候補を上記の手順で無効化しても、閲覧履歴が残っている限り、その過去の履歴に基づいて予測候補が引き続き表示されてしまうためです。

 閲覧履歴の削除には、特定の単語を含む履歴だけ削除する方法と、全ての閲覧履歴を消す方法の2種類があります。以下、それぞれの手順を説明します。

●特定の単語を含む履歴だけ削除するには

 全ての閲覧履歴を消したくない場合は、予測候補に表示させたくない検索キーワードを指定して、その関連の閲覧履歴だけを削除できます。閲覧履歴は[Ctrl]+[H]キーを押すか、URLとして「chrome://history」を開くと表示されます。

Chromeで特定の単語を含む閲覧履歴を削除する(1/3) Chromeで特定の単語を含む閲覧履歴を削除する(1/3)
Chromeで特定の単語を含む閲覧履歴を削除する(2/3) Chromeで特定の単語を含む閲覧履歴を削除する(2/3)
Chromeで特定の単語を含む閲覧履歴を削除する(3/3) Chromeで特定の単語を含む閲覧履歴を削除する(3/3)

●全ての閲覧履歴を削除するには

 閲覧履歴を全て削除してもよい場合は、まず[Ctrl]+[Shift]+[Delete]キーを押すか、URLとして「chrome://settings/clearbrowserdata」を指定して、「閲覧履歴データを消去する」ダイアログを開きます。

 そこで以下のように設定し、[データを消去]ボタンをクリックします。

Chromeで全ての閲覧履歴を削除する Chromeで全ての閲覧履歴を削除する

 複数のデバイス間でChromeの閲覧履歴を共有している場合、その全デバイスの閲覧履歴が削除されてしまうので、注意しましょう。

予測候補を無効化しても履歴URLは表示される!?

 たとえ予測候補を無効化し、閲覧履歴を削除しても、その後に何らかのWebページを閲覧していくと、やがて閲覧ページのURL(履歴URL)が予測候補一覧に現れてしまうことがあります(Chrome 72で確認)。筆者が確認した限りでは、履歴URLも含めて完全に予測候補の表示を止めることはできないようです。

 回避策としては、予測候補に表示させたくないWebページは必ずシークレットウィンドウで開くことが挙げられます。シークレットウィンドウで開いたページは閲覧履歴に記録されず、通常のウィンドウの予測候補にも表示されないからです。

「Google Chrome完全ガイド」のインデックス

Google Chrome完全ガイド

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。