連載
» 2019年03月14日 05時00分 公開

Linux基本コマンドTips(289):【 clear 】コマンド――端末をクリアする

本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、端末をクリアする「clear」コマンドです。

[西村めぐみ,@IT]
「Linux基本コマンドTips」のインデックス

Linux基本コマンドTips一覧

 本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、端末をクリアする「clear」コマンドです。

clearコマンドとは?

 「clear」は端末の表示内容を消す(クリアする)コマンドです。画面に表示されている文字をクリアし、プロンプトは画面の1行目に表示されます。

 なお、bashの標準設定では、「CTRL」+「L」で、clearコマンドと同じ効果を得ることができます。



clearコマンドの書式

clear

※[ ]は省略可能な引数を示しています。





clearの主なオプション

 clearコマンドには一般的なオプションはありません。



端末をクリアする

 「clear」を実行すると、端末画面に表示されていた文字がクリアされ、プロンプトが画面の1行目に表示された状態となります(画面1画面2)。

 なお、clearコマンドは表示内容を削除するのではありません。仮想端末など、スクロールできる環境の場合、上にスクロールするとクリアされた内容を表示できます(画面3)。画面を開いた直後と同じ状態にしたい場合はresetコマンド(連載第290回)を使用します。

コマンド実行例

clear

(端末をクリアする)


画面1 画面1 clearコマンドを実行する直前の状態
画面2 画面2 画面がクリアされた
画面3 画面3 クリアされた内容を表示したところ


他の端末をクリアする

 clearコマンドを他の端末にリダイレクトすることで、指定した端末をクリアできます。

 X環境で端末を2画面実行している環境を用意し、clearコマンドを実行しました(画面4)。psコマンド(第6回)で端末番号を確認し、「pts/0(最初に開いた端末)」を、「pts/1(次に開いた端末)」からクリアしています。

 なお、pts/0の画面はクリアされますが、pts/0で実行中のlessコマンドは終了しません。

コマンド実行例

clear > 端末名

(他の端末をクリアする)


画面4 画面4 端末を2画面用意し、一方からもう一方の画面をクリアしたところ


筆者紹介

西村 めぐみ(にしむら めぐみ)

PC-9801NからのDOSユーザー。PC-486DX時代にDOS版UNIX-like toolsを経てLinuxへ。1992年より生産管理のパッケージソフトウェアの開発およびサポート業務を担当。著書に『図解でわかるLinux』『らぶらぶLinuxシリーズ』『Accessではじめるデータベース超入門[改訂2版]』『macOSコマンド入門』など。2011年より、地方自治体の在宅就業支援事業にてPC基礎およびMicrosoft Office関連の教材作成およびeラーニング指導を担当。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。