ニュース
» 2019年03月14日 11時00分 公開

クラウドとの関係は?:ハイパーコンバージドインフラが有力な選択肢、ノークリサーチが中堅中小業のサーバ更新方針を調査

ノークリサーチは、中堅中小業を対象に「サーバ更新の方針や課題」と「ハイパーコンバージドインフラ導入意向」の関係を調査した。オンプレミスかクラウドかにかかわらず、ハイパーコンバージドインフラが有力な選択肢になっていた。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ノークリサーチは2019年3月12日、中堅中小企業を対象に「サーバ更新の方針や課題」と「ハイパーコンバージドインフラ(HCI)導入意向」の関係を調査し、その分析結果を発表した。同社は2018年にも同様な調査を実施しているが、今回はベイジアンネットワーク分析を用いて、「どのような企業を対象に、どのような内容でHCIを訴求すればよいか」に関する分析を行ったとしている。

 まず、今後のサーバ更新時の方針がHCI導入の意向に与える影響を分析すると、現在利用しているシステムのベンダーのオンプレミス形態を選ぶ企業と、新たにクラウド形態を選ぶ企業のどちらにもHCIが有力な選択肢になっていた。

「サーバ更新における今後の方針」と「HCIの活用状況」の関係を示すベイジアンネットワークの一部(出典:ノークリサーチ

どのような企業がHCIを導入しようとしているのか

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。