連載
» 2019年03月18日 05時00分 公開

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(59):長崎編:ドラクエに学ぶ、アンオフィシャルな場での「縁」の紡ぎ方 (3/3)

[志田山修平,@IT]
前のページへ 1|2|3       

もっとつながりを!

 2018年6月に隠れキリシタンの教会が世界遺産に登録され、五島の来島者が増えました。それに伴い、オシャレなホテルやインスタ映えするお店など、観光客を受け入れるためのインフラの整備が進んでいます。

 その一方、深刻な人手不足に見舞われてもいます。特に、Webエンジニアをはじめとした、いろいろな技術者がまだ全然足りていません。島内にデザイナーやプログラマーが全くいないわけではありませんが、企業のWebサイト作成を島外の制作会社に依頼したり、本土から技術者を呼びよせたり、といったケースが多々あります。

 その状況を打破するためか、五島にIターンで移住する人が、今すごい勢いで増えています。

 しかし、Uターン者の私は、Iターンの人たちと島の人たちとの間には、温度差というか、すれ違いがあるように見えます。全員ではありませんが、多くの人たちは、一部分の人だけと交流し、「U/I/現地」の垣根を越えたつながりを持っていないように感じるのです。

 出身がどこであれ今住んでいるのは同じ五島です。一緒に情報交換などできたら、もっと面白いことができて、さらに多くの人が五島に足を運んでもらえる環境を作れるのではないか、そのためには、自分にできることは何でもやっていこうと思うのです。



 「ITエンジニア U&Iターンの理想と現実:長崎編」、次回は「移住者がどれくらいいて、移住するために必要なサポートをどのようにして受けられるのか」などを、市役所に突撃取材します。お楽しみに!

俺の塩ラーメン

@IT式 U&Iターンスタイル

全国各地のU&Iターンエンジニアたちが、地方での生活の実情や所感などをセキララに伝えます。Uターン、Iターン、Jターンに興味のある方は、ぜひ参考にしてください。

ご当地ITライター募集

現在、または元ITエンジニアかIT企業社員、かつ現在住んでいる地域へUターン/Iターン/Jターンし、記事執筆に興味のある方は、下記まで連絡ください。


志田山修平(しだやましゅうへい)

フリーランスエンジニア兼ラーメン屋

2018年2月に、福岡から五島にUターン。福岡の「C-limber」でWebシステム制作を担当。

2018年8月に、フリーランスのエンジニアとして活動をスタート。ラーメンが好き過ぎるあまり、「おいしいラーメンを自分で食べたい」と、実家の居酒屋でラーメン作りもスタート。

現在は、しょうゆラーメンと塩ラーメンを提供中。


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

編集部からのお知らせ

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。