ニュース
» 2019年03月19日 13時00分 公開

ビルドを高速化:Microsoft、プログラミング言語「TypeScript 3.4」のリリース候補版(RC)を公開

Microsoftは、オープンソースのプログラミング言語「TypeScript 3.4」のリリース候補版(RC)を公開した。ビルドの高速化や読み取り専用配列の強化などを施した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2019年3月15日(米国時間)、オープンソースのプログラミング言語の最新版「TypeScript 3.4」のリリース候補版(RC)を公開した。正式版のリリースは2019年3月28日の予定。

 TypeScriptは、静的型付けができる言語で、JavaScriptのスーパーセット。ECMAScript規格に従った最新のJavaScriptの機能を、古いWebブラウザやランタイムが扱えるようにコンパイルすることもできる。

 TypeScript 3.4 RCは、NuGetを使うか、次のコマンドラインのように、npmを使ってインストールできる(リリース候補版であるため、「@rc」が必要)。

npm install -g typescript@rc

 TypeScript 3.4は「Visual Studio 2017」(15.2以降)の他、「Visual Studio Code」と「Sublime Text」でも利用できる。

 TypeScript 3.4の主な特徴は次の通り。

後続のビルドを高速化する--incrementalフラグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。