ニュース
» 2019年03月22日 11時00分 公開

秘密鍵を手元に保持できる:ブロックチェーン向けPythonライブラリ、VIPPOOLがOSSとして公開

VIPPOOLは、ブロックチェーン技術を活用したシステムを開発するためのソフトウェアを、オープンソースとして公開した。Web APIとPythonライブラリの2種類で、専門知識がなくてもブロックチェーンを利用したシステムの開発が可能になるという。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 VIPPOOLは2019年3月19日、ブロックチェーン技術を活用したシステムを開発するためのソフトウェア2種類を、オープンソースソフトウェア(OSS)としてGitHub上で公開すると発表した。

 公開したのは、「VIPPOOL clerk」と「VIPPOOL storage」。これらを利用することで、専門知識がなくてもブロックチェーンを利用したシステムの開発が可能になるという。

公開した2種類のOSSの位置付け(出典:VIPPOOL

 VIPPOOL clerkは、ブロックチェーンデータを読み書きするサーバサイドアプリケーション。GoogleのPaaS型クラウドサービス「Google App Engine」で動作し、Web APIの形式で機能を提供する。

 このAPIを利用すると、ブロック情報やトランザクション情報を、JSON形式で取得できるようになる。電子署名の作成を分離した新規トランザクション作成機能も備えており、電子署名をクライアントで作成することで、秘密鍵をサーバに送信することなく、新規トランザクションを作成できる。

PythonプログラムからVIPPOOL clerkを使うには?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。