ニュース
» 2019年03月22日 15時00分 公開

6カ月ごとに投入される最新リリース:Oracle、「Java SE 12(JDK 12)」の一般提供を開始

Oracleは、ガベージコレクタなどの機能を強化した「Java SE 12(JDK 12)」の一般提供を開始した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Oracleは2019年3月19日(米国時間)、「Java SE(Standard Edition)12/JDK(Java Development Kit)12」の一般提供を開始したと発表した。

 Oracle JDK 12は、2017年9月に発表された6カ月ごとのリリーススケジュールに従った「Oracle JDK 11」に続くリリース。Oracle JDK 11は、このリリーススケジュールに従った最初の「長期サポート(Long Term Support:LTS)」リリースだ。LTS版は3年ごとにリリースされることになっており、次は「Oracle JDK 17」となる予定だ。

 Oracle JDK 12は、OracleのCPU(Critical Patch Updates)スケジュールに従って、「Oracle JDK 13」に取って代わられる前に最低2回更新される。Oracle JDK 13は2019年にリリース予定。

 またOracleは、Java SEプラットフォーム仕様のオープンソース実装であるJDKも「jdk.java.net」で提供している。このJDKは「OpenJDK」とも呼ばれる。

JDK 12は開発生産性の向上に役立つ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。