ニュース
» 2019年03月25日 10時30分 公開

Windows 7が2023年まで使える?:Microsoft、「Windows Virtual Desktop」のパブリックプレビュー版をリリース

Microsoftは、仮想デスクトップエクスペリエンスを「Azure」で実現する「Windows Virtual Desktop」のパブリックプレビュー版の提供を開始した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2019年3月21日(米国時間)、Windows 7やWindows 10の仮想デスクトップ環境を、Microsoft Azureで提供する「Windows Virtual Desktop」のパブリックプレビュー版の提供を開始したと発表した。

 Windows Virtual Desktopは2018年9月の発表以来、プライベートプレビュー段階にあった。MicrosoftはWindows Virtual Desktopを、「簡素化された管理、マルチユーザーのWindows 10エクスペリエンス、『Office 365 ProPlus』に最適化、『Windows Server Remote Desktop Services(RDS)』デスクトップおよびアプリのサポートを実現する唯一のサービス」と説明している。

 Windows Virtual Desktopにより、Azure上でWindowsデスクトップおよびアプリを数分でデプロイ、スケーリングでき、Azureに組み込まれたセキュリティも享受できるという。Microsoftは2019年後半にWindows Virtual Desktopの一般提供を開始する計画だ。

Windows 7が2023年まで使えるようになる?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。