ニュース
» 2019年03月25日 11時00分 公開

クラウドが少ない理由は?:AIシステムの半数はオンプレミスで稼働、IDCが調査

IDC Japanが発表した「2019年 国内企業のエンタープライズインフラのシステムタイプ別トレンド分析」によると、AIシステムをオンプレミスで稼働させている企業の割合は53.2%、クラウドは33.8%だった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 IDC Japanは2019年3月20日、「2019年 国内企業のエンタープライズインフラのシステムタイプ別トレンド分析」を発表した。

 同調査によると、AI(人工知能)を利用している企業では、オンプレミスでAIシステムを稼働させている割合は53.2%、クラウドが33.8%、データ解析システムの利用が4.3%だった。

AIに関するITリソースの種類(出典:IDC Japan

システムを選択した理由はオンプレ、クラウドともデータ保護

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。