ニュース
» 2019年03月28日 11時00分 公開

解決策はあるのか?:クラウド導入後に「社内LANが重くなった」は約7割、ソニービズネットワークスが調査

ソニービズネットワークスが実施した、クラウドサービス導入後の社内ネットワークの状況に関するアンケート調査によると、70%以上の企業がクラウドサービスを利用していた。そのうち社内ネットワークがつながりにくくなったなどの課題を持つ企業が7割近くあった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ソニービズネットワークスは2019年3月27日、企業のネットワーク管理者を対象に実施した、「企業におけるネットワークの状況と対策の調査」の結果を発表した。

 それによると、70%以上の企業がクラウドサービスを利用しており、従業員数や拠点数が多い企業ほどクラウドサービスの使用率が高かった。

 ただし、クラウドサービスを使用している企業の68.6%が、クラウドサービスの導入後に社内ネットワークが「重くなった」「つながりにくくなった」と感じていた。

 アンケート結果を詳しく見てみると、まず、クラウドサービスを使っていると回答した企業は73.5%だった。総務省の「平成29年 通信利用動向調査結果」によると、クラウドサービスを利用している企業の2017年の割合は56.9%であり、クラウドサービスの普及が進んでいることが分かる。

利用しているクラウドサービスの種類(出典:ソニービズネットワークス)

クラウド導入後、社内ネットワークはどう変わったか

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。