ニュース
» 2019年03月28日 15時00分 公開

ハイブリッドクラウド利用を支える:Microsoft、「Azure Stack HCIソリューション」「Azure Data Box Edge」などの提供を開始

Microsoftは、ハイブリッドクラウドを使用する顧客を支援する「Microsoft Azure」ポートフォリオの新製品とアップデートを発表した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2019年3月26日(米国時間)、ハイブリッドクラウドアプローチを取る顧客を支援する「Microsoft Azure」ポートフォリオの新製品とアップデートを発表した。

Azure Stack HCIソリューションの提供を開始

 Microsoftは、自社の既存HCI(ハイパーコンバージドインフラ)技術を「Azure Stack」ファミリーに統合した「Azure Stack HCIソリューション」の提供を発表した。

Azure Stack HCIの位置付け(出典:Microsoft

 これによって、顧客がオンプレミスで仮想アプリケーションを実行できると同時に、バックアップやディザスタリカバリーといったAzure管理サービスに直接アクセスし、最適なパフォーマンスと信頼性を享受できるようになる。

 3月26日からMicrosoftのパートナー企業15社を通じてAzure Stack HCIソリューションの提供が始まった。パートナー各社はMicrosoftの検証を経たハードウェアシステムを販売する。

 Azure Stackは、企業が自社のデータセンターからAzureサービスを提供し、ユーザーの生産性を向上させるハイブリッドクラウドプラットフォーム製品。ソフトウェアと検証済みのハードウェアで構成された統合システムとして販売されている。

 企業はAzure Stack HCIソリューションにより、既存のAzure Stackと同じソフトウェア定義型のコンピュート(SDC:Software Defined Compute)、ストレージ、ネットワーキング技術を利用でき、Windows Admin Center上のAzureハイブリッドサービスによって、クラウドに簡単にアクセスできる。

検証済みのシステムをハードウェアパートナーから購入し、Windows Server 2019 DatacenterエディションとWindows Admin Centerをインストールしてソフトウェア定義型インフラを構築できる。Azureアカウントを使って、管理サービスやセキュリティサービスを仮想ワークロードに適用するAzureサービスオプションも利用できる(出典:Microsoft

Azure Stackの顧客向けオプションを拡充

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。