ニュース
» 2019年03月29日 11時30分 公開

ABIが安定化、新機能を多数提供:AppleのOS向け開発言語「Swift 5」が登場

Appleの「iOS」や「macOS」「tvOS」「watchOS」で動作するアプリケーションの開発に向くオープンソースのプログラミング言語の最新版「Swift 5」が登場した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 オープンソースのプログラミング言語の最新版「Swift 5」が2019年3月25日(米国時間)、正式にリリースされた。Swift 5を使うと、Appleの「iOS」や「macOS」「tvOS」「watchOS」で動くアプリケーションを開発できる。

 Swift開発チームによれば、今回のバージョンは、「Swiftの進化の大きなマイルストーン」だという。Swift 5の概要は次の通り。

安定したABIとバイナリ互換性

 Appleプラットフォーム上におけるSwift 5のABI(Application Binary Interface)の安定性が宣言された。

 これにより、Swiftのライブラリが今後のmacOSやiOS、tvOS、watchOSの全てのバージョンに含まれることになった。その結果、アプリのビルドが容易になり、サイズも小さくなる。OSに含まれるライブラリを利用できるからだ。

標準ライブラリの更新

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。