ニュース
» 2019年04月01日 11時30分 公開

チーム開発も可能:オンラインコーディング環境「Repl.it」、ネイティブGUIアプリやゲーム開発が可能に

オンラインコーディングプラットフォーム「Repl.it」は、ネイティブGUIアプリケーションとゲーム開発が可能になったと発表した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 オンラインコーディングプラットフォーム「Repl.it」は2019年3月21日(米国時間)、同プラットフォームでネイティブGUIアプリケーションやゲーム開発が可能になったと発表した。

 Repl.itは、50以上のプログラミング言語に対応しており、REPL(Read-Eval-Print Loop)を利用して、Webブラウザに表示したIDE(統合開発環境)からコードを実行できる。

Google ChromeでIDEを表示し、Repl.itが提供するサンプルコードを動かしたところ 中央がコード、右下がコマンドライン出力、右上が実行画面(出典:Repl.itのサンプルコード

 Repl.itは今回の発表で、プログラマーが使用言語にかかわらず、ゲームやアプリを容易にコーディングできる改善を目指したとしている。

 さらにネイティブグラフィックスをサポートすることで、豊富なフレームワークやゲーム、教材を利用できるようにしたと強調している。ゲーム開発用のクロスプラットフォームPythonグラフィックスライブラリ「Pygame」や、Java GUIウィジェットツールキット「Java Swing」のサポートが、特に功を奏しているという。

 Repl.itは、「素早く頻繁にリリースを行う」方針を取っており、「今回の新機能の提供開始を自負しているが、今後の道のりはまだ長い」とも述べている。さらに、「現在はX Window System(X)を、VNCとWebSocketを介してWebブラウザに表示している。これは最も効率がよい方法ではなく、改良のアイデアがたくさんある」と説明している。

IDEにも工夫あり

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。