ニュース
» 2019年04月02日 13時30分 公開

機械学習も利用:無線LANの速度を約3.4倍に向上、複数周波数帯を同時使用で

国際電気通信基礎技術研究所(ATR)とモバイルテクノは、無線LANの速度を向上させる技術を開発し、伝送実験の結果、速度が約3.4倍に向上することを確認した。空いている無線チャネルを同時に利用することで高速化した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 国際電気通信基礎技術研究所(ATR)とモバイルテクノは2019年3月28日、新開発の技術により、無線LANの速度を約3.4倍に向上できたと発表した。

 両社が開発を進めている、複数の周波数帯を同時に使った無線LAN技術の伝送実験を実施し、その有効性を確認したもの。

 従来の無線LAN技術では利用者が増えるにつれて、周波数資源(電波の空き)が残っているにもかかわらず、伝送速度が低下する。新技術を利用することで、周波数資源を有効に利用でき、より高速で遅延の少ない安定した通信が可能になるとしている。

今まで利用できなかった周波数資源を活用することで通信速度を向上できる(出典:国際電気通信基礎技術研究所、モバイルテクノ

 ATRとモバイルテクノが開発しているのは、空いている複数の無線チャネルを見つけ、それらを同時に使って伝送する無線LAN技術。リアルタイムに無線チャネルの利用状況を予測して効率よく周波数資源を利用する技術なども盛り込んだ。

従来技術では1つの無線チャネルしか使えない

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。