ニュース
» 2019年04月04日 11時30分 公開

GitHubとの連携などを強化:Microsoft、「Visual Studio 2019」の一般提供を開始

Microsoftは、統合開発環境の最新版「Visual Studio 2019」の一般提供を開始した。ボタンをクリックするだけで警告や推奨を解決できる「ワンクリックのコードクリーンアップ」や、実際のコードベースから学習するAI支援の提案機能「Visual Studio IntelliCode」、コードを共有してリアルタイムの共同開発が行える「Visual Studio Live Share」などを利用できる。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2019年4月2日(米国時間)、AndroidやiOS、Windows、Web、クラウドに向けた統合開発環境(IDE)の最新版「Visual Studio 2019(VS 2019)」の一般提供を開始したと発表した。

 VS 2019には3つのエディションがある。VS Community 2019は無償。VS Professional 2019とVS Enterprise 2019は、ダウンロード可能な無料試用版もある。

 ProfessionalとEnterpriseエディションは、クラウドサブスクリプションと標準サブスクリプションで提供されている。なお、Professionalに限り、現在のバージョンだけを必要とする場合、1回限りのスタンドアロンライセンスを購入することもできる。

Visual Studio 2019

 VS 2019では、ボタンをクリックするだけで警告や推奨を解決できる「One-click code cleanup(ワンクリックのコードクリーンアップ)」や、GitHubのコードベースから学習するAI支援の提案機能「Visual Studio IntelliCode」、コードを共有してリアルタイムの共同開発が行える「Visual Studio Live Share」など、豊富な新機能が提供されている。C++やNode.js、Python、R、.NET、JavaScript/TypeScriptなど、多様な言語やフレームワークが使用可能だ。

 新機能の概要は次の通り。

開発

 パフォーマンスの向上や検索機能の向上、即座のコードクリーンアップの他、Gitとの統合により、生産的な作業に集中し続けることができる。

  • 検索機能の向上:設定やコマンド、インストールオプションなどを検索すると、関連した結果が得られる
  • コードのクリーンアップ:コード内に複数の問題があった場合でもその間を移動し、スタイルやフォーマットの修正を一括して適用できる
  • IntelliCode:GitHubのリポジトリや、これまで使用されているコードベースからAIが学習し、IntelliSenseの候補として提示する

共同作業

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。