ニュース
» 2019年04月08日 12時00分 公開

Linuxで利用しやすい:Canonical、Linux向け「Visual Studio Code」をSnapパッケージで提供開始

Linux向けのVisual Studio Codeが、Snapパッケージでも提供されるようになった。これまでは、debパッケージやrpmパッケージ、tarボールで配布されていた。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Ubuntuの開発を支援する英Canonicalは、2019年4月5日、「Microsoft Visual Studio Code」をSnapパッケージで提供し始めた。

 Visual Studio Codeは、Microsoftが開発する無償のテキストエディタ。オープンソースのソフトウェアフレームワーク「Electron」を利用し、TypeScriptで記述されており、WindowsやLinux、macOSに対応する。

 Visual Studio Codeは、各種プログラム言語に対応したプラグインが提供されており、コードの色分け表示やコードの入力補完(IntelliSense)、ステップ実行可能なデバッグなどの機能を備える。ほぼ1カ月ごとにバージョンアップされており、2019年4月5日現在の最新版は1.33である。

rpmなどを使わなくても済む

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。