ニュース
» 2019年04月11日 15時00分 公開

9万人の開発者が回答:世界の開発者の実態は? Stack Overflowが2019年版の調査結果を公開

開発者向けQ&Aサイト「Stack Overflow」は、開発者に対する「世界で最も大規模かつ包括的な」年次調査結果を発表した。最も愛されている言語はPython、最も高給取りだったのはサイト信頼性エンジニアとDevOpsの専門家だった。開発職に希望を感じている国は西欧諸国ではなく、中国や東欧諸国だった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Stack Exchangeが運営する開発者向けのQ&Aサイト「Stack Overflow」は2019年4月9日(米国時間)、2019年の年次開発者調査の結果「Developer Survey Results 2019」を発表した。回答者は約9万人、平均回答時間は20分程度。2019年は調査結果の公開を開始して9年目に当たる。

 Stack Overflowは米国からのアクセスを筆頭に毎月5000万人の閲覧者を集める専門サイト。閲覧者が開発に関する学習、共有、キャリア育成に役立てているという。

 今回の調査は、「コーディングを行っている人々に対する世界で最も大規模かつ包括的な調査」をうたっている。開発者のお気に入りの技術やツール、仕事の志向、学習方法、給与、働き方など、質問は多岐にわたる。

 調査結果のハイライトは次の通り。

プログラミング言語ごとの好みと給与

 主要なプログラミング言語の中で最も急速に利用が拡大しているPythonは、2019年調査でもさまざまな項目で順位を上げており、最も愛されている言語のランキングではMozillaが支援する「Rust」に次いで2位を占めた

 最も一般的な言語では、7年連続でJavaScriptが一位であり、HTML/CSS、SQL、Python、Javaが続いた。

 最も稼げる言語は、Clojure(年間給与9万ドル)を筆頭に、F#、Go、Scala、Elixirとなった。

最も愛されている言語のランキング(出典:Stack Overflow

 経験年数と給与の関係を業務(開発対象)ごとに調べたところ、サイト信頼性エンジニア(SRE)とDevOpsの専門家は、回答者の中で最も給与が高かった。さらに「仕事でのコーディング経験年数が最も長い」「仕事の満足度が最も高い」「求職者の割合が最も低い」という3つのグループにも入っている。

 逆に学術研究者やモバイル開発者は経験年数が短く、給与も低かった。

経験と給与、開発分野の関係 円の大きさは回答者の人数を示す(出典:Stack Overflow

生産性の障害となっているのは何?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。