ニュース
» 2019年04月12日 11時00分 公開

脆弱性を調べる人材が不足:9割の組織にサイバー被害があるものの、5割以上は「業務コスト」を把握していない――Tenableの調査

Tenable Network Security Japanが発表した「業務遂行上のサイバーリスク計測と管理に関する報告書」によると、過去24カ月間で1回以上のサイバー被害に遭っている組織の割合は全世界で91%に上った。しかし、適切な業務コストの見積もりができておらず、判断基準が不足していることが分かった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Tenable Network Security Japanは2019年4月10日、「業務遂行上のサイバーリスク計測と管理に関する報告書」を国内で発表した。

 日本を含む6カ国のITセキュリティ担当者を対象とした報告書によると、過去24カ月間で、1回以上のサイバー被害に遭った組織の割合は91%、サイバー被害による業務混乱を2回以上経験した割合は60%に上った。

 Tenableではサイバー被害を、情報流出や深刻な業務、工場、機器稼働の混乱や中断と定義している。こうしたサイバー被害のうち、過去24カ月間に発生した攻撃で最も多かったのは「マルウェアによって引き起こされた事業運営の大幅な中断」(48%の組織が経験:複数回答)だった。これに「サードパーティーによる機密情報の誤用もしくは他のサードパーティーとの共有」(同41%)や「大幅なダウンタイムを引き起こすサイバー攻撃」(同35%)が続いた。

過去24カ月で発生したセキュリティ問題(青)と2019年に最も不安な脅威(青緑)(出典:Tenable)

 これに対して2019年に最も不安だと思う最大の脅威は過去24カ月とは順位が異なっていた。「サードパーティーによる機密情報の誤用もしくは他のサードパーティーとの共有」(同64%)が23ポイント増えて首位。これに「IoT(Internet of Things)もしくはOT(Operational Technology)資産への攻撃」(同56%、33%ポイント増)や「マルウェアによって引き起こされた事業運営の大幅な中断」(同54%)が続いた。

サイバーリスクの業務コストを把握できない理由は?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。