ニュース
» 2019年04月12日 11時30分 公開

クラウドアプリ開発が容易に:Googleが「Cloud Code」を発表、使い慣れたIDEでクラウドネイティブアプリ開発が可能に

Googleは、「IntelliJ IDEA」や「Visual Studio Code」でのクラウドネイティブアプリケーション開発を支援するプラグイン「Cloud Code」を発表した。IDEの機能を生かした開発ができる。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Googleは2019年4月11日(米国時間)、統合開発環境(IDE)である「IntelliJ IDEA」と「Visual Studio Code(VS Code)」に向けた新しいプラグイン「Cloud Code for IntelliJ」(α版)と「Cloud Code for VS Code」(β版)を発表した。

 これらのプラグインは、IDEを使ったソフトウェア開発ライフサイクルのあらゆる段階を支援し、自動化機能も提供する。

Cloud Code for VS Codeのデバッガが実行中のKubernetesクラスタに接続されている(出典:Google

 今回発表されたCloud Codeの最初のリリースでは、「Google Kubernetes Engine(GKE)」など「Kubernetes」上で動作するアプリケーションの開発を簡単にすることに重点が置かれている。Cloud Codeは、VS CodeとIntelliJを拡張し、IDEの機能と利便性をフルに活用してクラウドネイティブなKubernetesアプリケーションの開発を支援する。

継続的なフィードバックが可能なCloud Code

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。