ニュース
» 2019年04月16日 10時30分 公開

AWS互換のプライベートクラウド構築ソフトウェア、ネットワールドが国内販売開始

ネットワールドは2019年4月16日、イスラエルのStratoscale(ストラトスケール)が提供するソフトウェアベースのインフラ製品の国内販売開始を発表した。Amazon Web Services互換のAPIで操作できるインフラ/Kubernetes環境をオンプレミスに構築できる。

[三木泉,@IT]

 ネットワールドは2019年4月16日、イスラエルのStratoscale(ストラトスケール)が提供するインフラ構築ソフトウェアの国内販売開始を発表した。これはAmazon Web Services(AWS)互換のAPIで操作できるインフラ/Kubernetes環境をオンプレミスに構築できる製品。一般的なサーバハードウェアと組み合わせることで、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)が構築できる。また、このインフラにストレージ装置を組み込むこともできる。

 Stratoscaleでは、Amazon EC2互換の仮想インスタンス運用、ELB互換の負荷分散、Amazon S3、Block Storage、EBS互換のストレージ機能、VPC互換のネットワーク機能などを備えている。全てAWSと同一のAPIで操作できる。さらにこの上で、MapReduce、Cassandra、PostgreSQL、MySQL、Kubernetesも、プロダクトとして提供している。

 Amazon EC2互換のコンピューティング機能は、拡張KVMによる仮想化をベースとしており、物理リソースについては、運用管理者が社内テナントに対し、CPUコアやRAM、仮想インスタンス数などの割り当てを制御できる。また、自動リバランス機能や、特定物理マシンへの結び付けを行うアフィニティ機能なども備える。

 ストレージでは、シンプロビジョニングやスナップショット/クローン機能などを備える。また、上述の通りSAN、iSCSI、NFSのストレージ装置も利用できるという。

Stratoscaleのカバーする機能範囲

 ネットワールドは、Stratoscaleの主な製品として、下記を提供すると発表している。

Stratoscale Software Defined Data Center

 Amazon EC2互換サービスを実装するフルプライベートクラウド(IaaS)ソリューション。

Stratoscale Database Platform

 自動化されたSQL/NoSQLデータベースプラットフォーム(DBaaS)。

Stratoscale Container Platform

 複数のKubernetesクラスタをプロビジョニングおよび管理する複雑さを軽減するKubernetesソリューション。

Stratoscale Cloud Service Platform

 上記全てを含む製品。

 価格体系は物理CPUソケット単位のソフトウェアサブスクリプションで、「Stratoscale Software Defined Data Center」 の場合、標準構成で354万円(税別)から。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。