ニュース
» 2019年04月22日 11時00分 公開

柔軟な働き方にニーズ:求職者の意識は「時短」や「テレワーク」に、Indeedが過去6年間のデータを分析

Indeed Japanは「柔軟な働き方」に関する求職者の意識調査結果を発表した。2019年4月から働き方改革関連法が順次試行されることを受けた。Indeedで検索された柔軟な働き方に関連する単語の検索数は、6年間で約2.8倍に増加した。検索数が最も増えた単語は「時短」で約10.4倍。検索数第1位は「在宅」だった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Indeed Japanは2019年4月18日、テレワークや副業、兼業といった「柔軟な働き方」に関する求職者の意識調査結果を発表した。柔軟な働き方は、政府が言及する「働き方改革」9項目の一つ。

 Indeed内で検索された単語の内、「時短勤務」「フレックスタイム制」「在宅勤務」「テレワーク」「副業」に関連するキーワードを基に、同社が設立された2013年から2019年まで、6年間の検索数の推移を調べ、求職者の意識を調査した。

 まず、柔軟な働き方に関連する5つの単語を合計した検索数は、2013年からの6年間で182.2%(約2.8倍に)増加した。求職者に働き方を重視している傾向があることが分かる。

「柔軟な働き方」に関連する5つの単語を合計した検索推移(出典:Indeed Japan

検索数の伸びが著しい単語は?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。