ニュース
» 2019年04月22日 15時00分 公開

XAML IslandsやWinUI 2.1などを利用可能:Microsoft、「Windows 10 May 2019 Update」対応のWindows 10 SDKを公開

Microsoftは、最新版「Windows 10 May 2019 Update」(Windows 10 バージョン1903)に対応した「Windows 10 SDK」を公開した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2019年4月18日(米国時間)、Windows 10の最新リリース「Windows 10 May 2019 Update」(Windows 10 バージョン1903)に対応した「Windows 10 SDK」を公開したと発表した。

 Windows 10 May 2019 Updateは、2019年5月下旬に正式リリースが予定されており、「XAML Islands v1」や最新の「Windows Subsystem for Linux」「Windows UI Library 2.1」など、開発者向けの新機能を多数提供する。この3つの機能の概要は次の通り。

XAML Islands v1

 XAML Islandsは、デスクトップアプリケーションで使用できるUWP(ユニバーサルWindowsプラットフォーム)コントロール。今回公開されたSDKでは、UWPコントロールをWPF(Windows Presentation Foundation)、Windows Forms、C++ Win32デスクトップアプリケーションでホストするためのAPIが、正式版となっている。

最新のWindows Subsystem for Linux

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。