ニュース
» 2019年05月08日 08時00分 公開

Microsoft 365やEdgeも改良:企業がエージェントを公開する時代へ――「Microsoft Build 2019」で新技術が多数発表

Microsoftは「Build 2019」で、チーム作業やクラウド、量子コンピューティングなどに向けたさまざまな新技術を発表した。また、投票システムの安全性を確保する「ElectionGuard」も発表した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2019年5月7日、開発者向け年次イベント「Microsoft Build 2019」で、さまざまな新技術を発表した。AI(人工知能)や量子コンピューティング技術から、選挙プロセス保護するソリューションまで幅広い。

 まずAIに関するものとして、インテリジェントエージェントの将来に関するビジョンを発表した。ルールや意図、コードではなく、データと機械学習から強力な対話型インタフェースを構築することに焦点を当てているという。

 今日多くの企業がWebサイトを持っているように、今後は企業がエージェントを持つようになるとMicrosoftは予測している。複数のドメインやエージェントを横断する対話によって、極めて自然な体験が提供されるようになるという。Microsoftは、この技術を将来「Cortana」に統合し、「Microsoft Bot Framework」と「Azure Bot Service」を通じて開発者に提供する予定だとしている。

 次に、Q#コンパイラとシミュレーターをオープンソース化することを発表した。Q#は、量子コンピューティングに向けたプログラミング言語。オープンソース化によって、Q#の開発者のコミュニティーを拡大し、パートナーやスタートアップ企業が自社製品を強化できる新たな機会を提供するとしている。

Microsoft 365とMicrosoft Edgeに新機能を追加

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。