ニュース
» 2019年05月08日 19時00分 公開

顔の下半分だけでも60%を認識:顔が半分見えれば、AIは認識可能――英大学が実証

顔が半分しか見えない場合でも顔認識技術が機能することが分かった。英ブラッドフォード大学の研究チームが、さまざまな見え方の顔画像を用いた実験で実証した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 英ブラッドフォード大学の研究チームは、顔が半分しか見えない場合でも顔認識技術が機能することを実証した。

 研究チームは人工知能(AI)技術を使って、顔の4分の3が見える場合と半分が見える場合の両方で、100%の顔認識率を実現した。この研究では、顔のさまざまな部分について認識率を検証した。このような用途で機械学習を利用した初めての研究だという。研究チームは研究成果をまとめた論文を「Future Generation Computer Systems」で発表している。

 研究リーダーを務めるブラッドフォード大学のハッサン・ウゲール教授は、こう述べている。

 「人間の顔認識能力は驚異的だが、これまでの研究から、顔の一部しか見えないと、認識精度が落ちることが分かっている。これに対して、コンピュータは既に、多数の顔の中から一つの顔を認識する能力が人間より優れている。そこでわれわれは、顔の一部分の認識でも、機械の方が優れているのかどうか調べようと考えた」

 研究チームは、機械学習技術として「畳み込みニューラルネットワーク(CNN)」を採用し、特徴抽出モデル「VGG(Visual Geometry Group)」を利用した。VGGは、最も普及した特徴抽出モデルの一つであり、顔認識技術で広く使われている。

通常のトレーニングで顔の上半分の認識率が100%に

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。