ニュース
» 2019年05月09日 08時00分 公開

DNS利用時の安全性が向上:IIJがDNSの試験サービスを無償提供、「DNS over TLS」と「DNS over HTTPS」を利用

IIJは、「DNS over TLS(DoT)」や「DNS over HTTPS(DoH)」を利用する「IIJ Public DNSサービス」のβ版を無償公開した。DNSサーバ(キャッシュサーバ)とユーザー端末との通信を暗号化する。従来のDNSプロトコルよりも安全性を高められる。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は2019年5月8日、「IIJ Public DNSサービス」のβ版を無償公開した。これは、「DNS over TLS(DoT)」や「DNS over HTTPS(DoH)」を利用して、DNSサーバとの通信を暗号化したDNSキャッシュサーバの機能。

 端末にDoTホスト名やDoH URLを設定するか、DoTやDoHに対応したWebブラウザを使うことで利用できる。無償提供は、2022年3月31日までの予定。

DoTやDoHを採用することでセキュアになる通信区間(出典:IIJ

最新のDNS通信プロトコルを利用

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。