ニュース
» 2019年05月09日 18時30分 公開

3種類の「.NET」を1つに集約:Microsoft、「.NET Core 3.0」の後継となる「.NET 5」を2020年にリリース

Microsoftは「.NET Core」「.NET Framework」「Xamarin/Mono」を1つに集約すると発表した。「.NET Core 3.0」の後継となる「.NET 5」は、Windows、Linux、macOS、iOS、Android、tvOS、watchOS、WebAssemblyなどに対応した開発が可能な単一のプラットフォームになる。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2019年5月6日(米国時間)、「.NET Core 3.0」の後継が「.NET 5」になると発表した。.NET 5は、.NETファミリーの「次の大きなリリース」だとしている。

 .NETは、Web、モバイル、デスクトップ、ゲーム、IoTといった多様なアプリケーションを開発するためのプラットフォーム。これまでは「.NET Core」「.NET Framework」「Xamarin/Mono」が.NETファミリーを構成していたが、.NET 5以降はこれらを1つの.NETに集約する。.NET 5を使ってWindowsやLinux、macOS、iOS、Android、tvOS、watchOS、WebAssemblyなどに対応したアプリケーションを開発できるようになる。

 .NET 5に向けて、Microsoftは新しい.NET APIやランタイム機能、言語機能を導入する。.NET 5は、あらゆるモダン.NETコードの作成に使用できる単一のプラットフォームになるという。

.NET 5の位置付け(出典:Microsoft

.NET 5で目指す姿とは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。