連載
» 2019年05月15日 05時00分 公開

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2019年4月版:公開鍵を「公開しない」ってどういうこと? (2/3)

[山本洋介山(メルカリ),@IT]

漫画を読み放題にする抜け道をブログで公開、書類送検される

 4月12日には小学館のマンガ閲覧アプリ「マンガワン」のデータを改変して、閲覧時間に制限のあるマンガを不正に読んでいた25歳の会社員が、電磁的記録不正作出・同供用の疑いで書類送検されました。

 「マンガワン」の仕組みでは1日20分だけマンガが読み放題になります。アプリ内のXMLファイルを書き換えると、読み放題時間をほぼ無限に引き延ばすことが可能だとして、この方法をブログで公開していたようです(現在は閲覧できません)。

 これに対しTwitterでは賛否両論さまざまなツイートが広がりました。金銭的な被害を与えているのだから逮捕されるのは当たり前だという意見、逮捕されるのは当然だが電磁的記録不正作出・同供用ではなく他の罪で逮捕されるべきという意見、拡大解釈して逮捕するとまたCoinhive事件のようなことが起きるのではという心配する声も上がっていました。

 さらには、アプリ内のXMLを書き換えるだけで犯罪と決め付けるのはやりすぎではないのか、内部データを書き換えるだけで逮捕されるなら、Cookieを書き換えたりモバイル端末をroot化したりするだけで逮捕されるようになるのではという意見、偶然書き換えて意図しない動作になっても逮捕されるのではないかなど、アプリのデータを書き換えるだけで逮捕されることへの懸念を示したTweetもありました。

 さらには不正を行ったのは就職する前なのに、勤務先が公表されたことを気にしている人もいました。学生時代の行いなのに会社が悪いように言われるのは会社にも迷惑なことです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。