ニュース
» 2019年05月16日 15時00分 公開

できること、できないこと:Microsoft、「WSL 2」への質問にブログで回答

Microsoftは2019年5月に発表した「Windows Subsystem for Linux(WSL)」の新版「WSL 2」に関して寄せられた質問の一部を取り上げ、ブログで回答した。例えば仮想化ソフトと同時に利用できるかといった質問に対する回答だ。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2019年5月13日(米国時間)、2019年5月6日に発表した「Windows Subsystem for Linux(WSL)」の新版「WSL 2」に対するコミュニティーからの質問にブログで回答した。回答したのはMicrosoftでWindows Developer Platformのプログラムマネジャーを務めるCraig Loewen氏。WSL 2の発表後に大きな反響があり、多数の質問が寄せられたことを受けたもの。

 WSLは、Windows 10からLinuxを利用するための仕組みだ。Linuxディストリビューションをほぼそのまま利用でき、パッケージシステムも使用できる。

WSL 2の動作デモ(クリックで拡大)(出典:Microsoft

WSL 2は「Hyper-V」を使用するのか。「Windows 10 Home」で使えるのか

 WSL 2は、Windows 10 Homeを含め、現在のWSLが使用できる全てのSKU(Stock Keeping Unit:個々のエディションやインストールオプションを表す番号)で使用できる。

 WSL 2では、「Hyper-V」アーキテクチャを使った仮想化が可能になる。このアーキテクチャは、Hyper-Vのサブセットであるオプションコンポーネントで利用でき、このオプションコンポーネントを、全てのSKUで提供する。こうしたWSL 2の仮想化については、WSL 2のリリースが近づいたときに、詳細を発表する。

「WSL 1」はどうなるのか。廃止されるのか

 現在、WSL 1を非推奨とする計画はない。WSL 1とWSL 2は共存でき、各ディストリビューションはいつでもアップグレード、ダウングレードできる。

WSL 2とサードパーティーの仮想化ツール、例えば「VMware」や「VirtualBox」を同時に実行できるか

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。