Special
» 2019年05月17日 13時00分 公開

追加費用なしでアプリ互換性問題を解決:Desktop App Assure サービスが Windows 10 と Office 365 へのアプリ互換性問題を支援

Windows 10 および Office 365 ProPlus に移行したら、もしくは、新しいバージョンに更新したら「アプリケーションの表示が変わってしまった」「一部の機能が使えなくなった」「そもそも動作できなくなってしまった」、といった互換性の問題でお困りではありませんか? 「Microsoft FastTrack Desktop App Assure サービス」が問題解決を支援します。

[PR/@IT]
PR

アプリ互換性問題の解決に向けた支援を追加費用なしで提供

 Windows 10 は“史上最も下位互換性のある Windows OS”であり、既存アプリケーションの99%は Windows 10 と互換性があります。しかし、一部の古いアプリケーションでは、うまく動かなかったり、表示が変わってしまったりということもまれに発生します。

 その際に利用できるのが「Microsoft FastTrack」特典の「Desktop App Assure サービス」です。Windows 10 および Office 365 ProPlus の展開に際して直面した、アプリケーション互換性の問題解決に向けた支援を追加費用なしで提供します。

 Desktop App Assure サービスの詳細およびご利用条件は、こちらをご確認ください。

Windows 10 導入時のアプリケーション移行のステップ

 一般的に、現在使用中の Windows から Windows 10 に移行する際には、「インベントリ」「検証」「修復」の3つのステップを踏みます。Desktop App Assure は、使用中のアプリケーションに互換性の問題があった場合に利用できるサービスです。

(1)インベントリ

 インベントリステップでは、現在使用中のアプリケーションを棚卸しして、それぞれ Windows 10 への移行に際しての方針を決定します。

(2)検証

 検証ステップでは、インベントリステップで Windows 10 環境で使用することを決めたアプリケーションについて、Windows 10 のサポート状況の確認や動作確認を行います。

(3)修復

 修復ステップでは、問題が発生したアプリケーションに対して対応を行います。Desktop App Assure サービスを利用した場合は、マイクロソフトの窓口である App Assure マネージャーが、互換性問題の解決に向けた支援を行います。

対象アプリは、自社製、ISV 製、マイクロソフト製の全て

 Desktop App Assure で提供されるサービスは、その対象アプリケーションによって大きく3つにカテゴライズされます。

(1)自社製アプリケーション

 お客さま自身が開発した業務アプリケーションで生じた Windows 10 との互換性の問題に対し、根本的な原因を究明し、アプリケーションのコード変更を提案します。

(2)ISV 製アプリケーション

 独立系ソフトウェアベンダー(ISV)製アプリケーションで生じた Windows10 との互換性の問題に対し、根本的な原因を究明し、ISVと共同でアプリケーションの修復に向けた活動を行います。また、対象アプリケーションの Windows 10 との互換性を確保し、Windows 10 へのサポート声明に向けて連携します。

(3)マイクロソフト製アプリケーション

 Windows およびマイクロソフト製アプリケーションやサービスで生じた Windows 10 との互換性の問題に対し、根本的な原因を究明し修復します。Office 365 ProPlus で使用されているマクロやアドインも対象となります。

Desktop App Assure サービスでの支援の流れ

 もし、お使いのアプリケーションに互換性の問題が発生したら、まずは Desktop App Assure サービスに申し込んでください。Desktop App Assure サービスに申し込むと、お客さまごとに Desktop App Assure サービスのマイクロソフトの窓口である App Assure マネージャーが任命されます。

 担当となった App Assure マネージャーはお客さまに連絡し、直面しているアプリケーションの互換性の問題についてヒアリングします。そして、適切なマイクロソフト技術者と連携し、問題の解決に向けて尽力します。

アプリケーションの互換性対応は、まず確認から!

 アプリケーションに何か問題があったときや、Desktop App Assure サービスへ申し込む際に「このアプリケーションはそもそも Windows 10 対応しているのだろうか?」「Office のマクロやアドオンについても申し込んでよいのだろうか?」と思われるお客さまもいるかもしれません。

 そんなときには、ぜひ「Ready for Modern Desktop」または「Office Readiness Toolkit」を利用してみてください。

●Ready for Modern Desktop

 Ready for Modern Desktop では、利用中のアプリケーションの Windows 10 でのサポート状況を確認することができます。

●Office Readiness Toolkit

 Office Readiness Toolkit は、Office で使用する Microsoft Visual Basic for Applications(VBA) マクロおよびアドインの互換性の問題を検出できます。

Desktop App Assure サービスの申し込み方法

 Desktop App Assure サービスの申し込みは「Microsoft FastTrack」サイトから行えます。

 「アプリケーションの互換性に問題があったときの対応を考えると、なかなか Windows 10 や Office 365 ProPlus に移行できない」「自社で開発したアプリケーションが Windows 10 の更新時に問題が発生したことがあり、Windows 10 の更新を控えてしまっている」といったお客さまもいるかもしれません。Desktop App Assure サービスが、お客さまの Windows 10 および Office 365 ProPlus の展開の一助になれば幸いです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:日本マイクロソフト株式会社
アイティメディア営業企画/制作:@IT 編集部/掲載内容有効期限:2019年6月16日

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。