ニュース
» 2019年05月20日 16時00分 公開

短時間でモノを見つける:周囲をざっと見渡して環境全体を推測するAIを開発、テキサス大

テキサス大学オースティン校の研究チームが開発したAIエージェントは、周囲を数回ざっと見るだけで、周囲の環境の全体像を推測できる。探索活動など時間的な制約がある用途に役立つ。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 米テキサス大学オースティン校のコンピュータ科学者チームが人工知能(AI)エージェントをトレーニングし、「周囲をざっと見渡し、環境全体を推測する」方法を開発した。

 こうした行動は通常、人間にしかできないが、このようなスキルは、効果的な捜索救助ロボットの開発に不可欠だ。クリステン・グローアン教授、博士候補生のサントシュ・ラマクリシュナン氏、元博士候補生(現在はカリフォルニア大学バークレー校に在籍)のディネシュ・ジャヤラマン氏を中心としたコンピュータ科学者チームは、研究論文を、2019年5月15日発行の「Science Robotics」誌で発表した。

 工場など限定的な環境で、物体の認識や数量の見積もりなど、特定のタスクに対してトレーニングを重ねるのが、AIを用いた従来の視覚情報システムの通例だ。

 だが、グローマン氏とラマクリシュナン氏が開発したエージェントは汎用(はんよう)的であり、幅広いタスクに利用できる視覚情報を収集する。

 「われわれが目指したのは、環境に直面して得た新しい視覚情報に対して即座に対応できる能力を備えたエージェントだ。われわれのエージェントは、さまざまなタスクをうまく処理できる。なぜなら視覚世界に関する役立つパターンを学習したからだ」(グローマン氏)

6000枚の360度画像でAIをトレーニング

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。